main() blog

プログラムやゲーム、旅、愛する家族について綴っていきます。

【Mac】Node.jsのインストール方法

MacにNode.jsをインストールする方法についてです。

f:id:takezoh_1127:20190124231337p:plain

nodejsのインストール

公式サイトからダウンロードしてインストールする方法もありますが、
今回はnodebrewというのがあるのでそちらでのインストール方法を紹介します。

・公式

nodejs.org

nodeがインストールされているか確認してみます。

$ node -v
-bash: node: command not found

インストールされていないようなのでnodebrewを使ってインストールしていきます。

nodebrewのインストール

Homebrewを使用してインストールするします。
Homebrewについてはこちらも参考にしてください。

www.main-function.com

以下のコマンドでnodebrewをインストールします。

$ brew install nodebrew

$ brew install nodebrew
==> Downloading https://github.com/hokaccha/nodebrew/archive/v1.0.1.tar.gz
==> Downloading from https://codeload.github.com/hokaccha/nodebrew/tar.gz/v1.0.1
######################################################################## 100.0%
==> Caveats
You need to manually run setup_dirs to create directories required by nodebrew:
  /usr/local/opt/nodebrew/bin/nodebrew setup_dirs

Add path:
  export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

To use Homebrew's directories rather than ~/.nodebrew add to your profile:
  export NODEBREW_ROOT=/usr/local/var/nodebrew

Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/nodebrew/1.0.1: 8 files, 38.6KB, built in 6 seconds

とりあえずインストールされたようです。
ちなみに自分はnodebrewインストール時に以下の様なエラーが出てインストールが出来ませんでした。

xcrun: error: invalid active developer path (/Library/Developer/CommandLineTools), missing xcrun at: /Library/Developer/CommandLineTools/usr/bin/xcrun 

このエラーが出た時の対処法は以下のリンクを参考にしてみてください。

www.main-function.com

nodebrewのバージョンを確認してみます。

$ nodebrew -v
nodebrew 1.0.1

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (from binary)
    nodebrew compile <version>            Download and install <version> (from source)
    nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` (For backword compatibility)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
    # install
    nodebrew install v8.9.4

    # use a specific version number
    nodebrew use v8.9.4

Node.jsのインストール

nodebrewのインストールが完了したので、Node.jsのインストールを行います。
インストール可能なバージョンの確認してみます。

$ nodebrew ls-remote
v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6    

v0.1.0    v0.1.1    v0.1.2    v0.1.3    v0.1.4    v0.1.5    v0.1.6    v0.1.7
v0.1.8    v0.1.9    v0.1.10   v0.1.11   v0.1.12   v0.1.13   v0.1.14   v0.1.15
v0.1.16   v0.1.17   v0.1.18   v0.1.19   v0.1.20   v0.1.21   v0.1.22   v0.1.23
v0.1.24   v0.1.25   v0.1.26   v0.1.27   v0.1.28   v0.1.29   v0.1.30   v0.1.31
v0.1.32   v0.1.33   v0.1.90   v0.1.91   v0.1.92   v0.1.93   v0.1.94   v0.1.95
v0.1.96   v0.1.97   v0.1.98   v0.1.99   v0.1.100  v0.1.101  v0.1.102  v0.1.103
v0.1.104  

   :
   :

v10.0.0   v10.1.0   v10.2.0   v10.2.1   v10.3.0   v10.4.0   v10.4.1   v10.5.0
v10.6.0   v10.7.0   v10.8.0   v10.9.0   v10.10.0  v10.11.0  v10.12.0  v10.13.0
v10.14.0  v10.14.1  v10.14.2  

v11.0.0   v11.1.0   v11.2.0   v11.3.0   v11.4.0   

io@v1.0.0 io@v1.0.1 io@v1.0.2 io@v1.0.3 io@v1.0.4 io@v1.1.0 io@v1.2.0 io@v1.3.0
io@v1.4.1 io@v1.4.2 io@v1.4.3 io@v1.5.0 io@v1.5.1 io@v1.6.0 io@v1.6.1 io@v1.6.2
io@v1.6.3 io@v1.6.4 io@v1.7.1 io@v1.8.1 io@v1.8.2 io@v1.8.3 io@v1.8.4 

io@v2.0.0 io@v2.0.1 io@v2.0.2 io@v2.1.0 io@v2.2.0 io@v2.2.1 io@v2.3.0 io@v2.3.1
io@v2.3.2 io@v2.3.3 io@v2.3.4 io@v2.4.0 io@v2.5.0 

io@v3.0.0 io@v3.1.0 io@v3.2.0 io@v3.3.0 io@v3.3.1 

最新バージョンをインストールしてみます。

$ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v11.4.0/node-v11.4.0-darwin-x64.tar.gz
Warning: Failed to create the file 
Warning: /Users/xxxxx/.nodebrew/src/v11.4.0/node-v11.4.0-darwin-x64.tar.gz: 
Warning: No such file or directory

curl: (23) Failed writing body (0 != 1059)
download failed: https://nodejs.org/dist/v11.4.0/node-v11.4.0-darwin-x64.tar.gz

フォルダがないというエラーが出ているのでフォルダを作成します。

$ mkdir -p ~/.nodebrew/src

もう一度実行してみます。

$ nodebrew install-binary latest
Fetching: https://nodejs.org/dist/v11.4.0/node-v11.4.0-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
Installed successfully

インストールが完了しました。

インストールされているバージョンを確認してみます。

$ nodebrew ls
v11.4.0

current: none

カレントが設定されていないので、カレントを切り替えます。

$ nodebrew use v11.4.0
use v11.4.0

Node.jsが使用できるか確認します。
バージョンを確認します。

$ node -v
-bash: node: command not found

パスが通っていない様なので、パスを通します。

$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile

ターミナルを再起動します。

Node.jsのバージョンを確認します。

$ node -v
v11.4.0

これでNode.jsのインストールは完了です。